基礎力で差

チャートの見方

FXで実際に儲けるためには色々なことに注意をする必要があります。
たとえば、情報収集をすることは将来の為替の予測をする上で無くてはならない大切なことです。
それ以外にも大切なことというのは多いです。

その中でもチャートをきちんと読み解くというのは特に重要なことなのです。
チャートというのは一体何なのかというと、ある通貨の値動きが示されているグラフのことです。
このチャートをきちんと読み解くことがFXで利益を上げるためには絶対に必要になってきます。

取引に成功をしている方というのはきちんとチャートを読み解いて、その結果として、
将来の予測を立てて、売買のタイミングを決めて、実際に儲けることに成功をしています。

チャートは一体何を表しているのでしょうか。
それは時間とともに値動きがどのように推移をしているのかを表しています。
そして、FXチャートの場合にはそれ以外にも様々な情報が示されています。

たとえばローソク足チャートというものがあります。
これはその日の値動きを始値と終値、高値、安値の4つの値に集約して記号で表したものです。
これがローソク型の記号によってチャートに示されます。

ローソク足チャートの傾向をしっかりと把握することによって、
ある時間帯の値の動きを知ることができます。
実際にチャートを見る時はローソク足がどのように並んでいるのかを見て、
買い時と売り時がいつなのかを判断することになります。

ローソク足は期間によって使い分けられています。
1日に区切ったものから、期間を1周間や1ヶ月に伸ばしたり、
逆に1分や5分のように短く区切ったローソク足が使われることも多いです。

為替レートというものは毎日変動を繰り返しています。
よって、将来の予測をするのは難しいです。

しかし、チャートを見ることに慣れてくれば、だんだん予測ができるようになります。
経験を積めば積むほど将来の予測をした時の精度が上がるようになるので、
がんばって毎日チャートを見続けるようにしましょう。

Copyright(c) 2013 少ない資金で大きな利益 All Rights Reserved.