基礎力で差

手数料はいくら掛かる?

FXをこれから始めようとしている人の中で、FXというのは為替投資をする際に直接出す費用しかお金がかからないと考えている人がいるのではないでしょうか。
しかし、実際には投資のためのお金だけではなくて、それ以外にも手数料がかかります。
手数料というのは馬鹿にできないものであり、特にあまり利益を出すことができない初心者の方にとってはいかに手数料の負担を少なくするのかということが大切になります。

FX取引を行う際にかかってしまう手数料というのは2種類あります。
それは、注文をする時の手数料とスプレッドです。
このうち注文時にかかる手数料というのは大抵の会社では現在は無料にしていることが多いのであまり気にする必要はないでしょう。

問題はスプレッドの方です。
では、一体スプレッドとは何なのでしょうか。

まず、金融機関から通貨を買う場合と得る場合とではそれぞれ設定されている金額が異なります。
この金額に差が生じていることをスプレッドと言うのです。

たとえば、ある通貨Aをある金融業者Bが扱っているとします。
BはAを買値200円、売値250円で扱っているとすれば、ここに価格差が生じてしまうことになります。
これがスプレッドであり、この差が低い値のほうが当然有利です。
このスプレッドの値はそれぞれの取引会社が自由に決めています。

取引の注文にかかる手数料を無料にしている会社はスプレッドを利用して利益を得ているのです。
よって、手数料のことを考えるのならば、注文時にかかる手数料だけではなく、スプレッドも考慮に入れて、総合的に考えて得かどうかを検討するようにしましょう。
実際に取引会社を選ぶときには注文時の手数料とスプレッドがどれくらいかかるかを比較しながら決めるようにしましょう。

手数料が具体的にどのくらい掛かるのかは取引会社によってまちまちです。
ものすごくサービスの良い取引会社の場合は手数料がほとんど掛からないことも多いですし、手数料が高い取引会社も存在します。
ただし、FXの取引会社を選ぶ時は手数料の値だけではなく、例えばサイトの構成だとか、
ツールの使いやすさなど他の要因もきちんと考慮に入れた上で考えるようにしましょう。

Copyright(c) 2013 少ない資金で大きな利益 All Rights Reserved.