基礎力で差

FXのデメリット

FXは大人気の投資方法の1つです。
その理由としては、やはりたくさんのメリットがあるからでしょう。
メリットがあるからこそ多くの人がFXを始めようとしているのです。
そして、実際に儲けることに成功した人の数も多いので、
FXは多くの人から人気のある投資方法になりました。

確かにメリットがあるのは事実ですが、
しかし、どんなものにだってメリットがあればデメリットもあります。
ここではFXにはどのようなデメリットがあるのかを説明しましょう。

まず、FXの大きなメリットであるレバレッジという仕組みがあるのですが、
これが逆に大きなデメリットにもなります。

それはどういうことかというと、
自分の預けた証拠金の何倍もの資金を用いて取り引きを行うことができるのですが、
それは損失もそれだけ大きくなってしまうということを表しています。

ロスカットという仕組みのお陰で、損失が増える前に決済が行われるのですが、
それでも手持ちの資金が全て無くなってしまうということはよくあります。

また、FXのメリットの1つに24時間取り引きが可能であるということがあるのですが、
これも裏を返せばいつでも損失が生じてしまう可能性があるということにも繋がります。

常に為替相場は変動を続けています。
しかも、24時間変動をしているので、
ちょっと目を離しているうちに大きな損失が出ていたということも少なくないのです。

また、為替取引をしたいのであれば、FXの取引業者を通じて行わないといけないのですが、
それらの業者が本当に信頼出来るのかどうかということもよく考える必要があります。

たとえば、急激な為替相場の変動に耐えることができずに
会社が倒産してしまうということもあります。
仮に倒産をしてしまうと、FX業者に預けておいたお金は返って来ません。
全部丸損ということになります。

銀行の預金などとは違い預けているお金を保護する制度がないのです。
よって、お金の管理はきちんと行う必要があります。

Copyright(c) 2013 少ない資金で大きな利益 All Rights Reserved.