基礎力で差

レバレッジとはなにか

FXを行う時に覚えておくひつようのある重要な言葉はたくさんあります。
ここでは、その中の1つであるレバレッジについて説明をしましょう。

レバレッジがあることによって、FXは投資方法として大きなメリットを持つようになっているのです。
レバレッジを理解しないとFXのことを理解できないといっても良いでしょう。

では、レバレッジについて説明をします。
レバレッジとはたとえて言うならばてこの原理のことです。
てこの原理というのは小さい力を利用して、重たい物体を動かすことができることを言います。

FXの場合に例えて言うと、
少ない資金を用いて大きな利益を上げることがこのレバレッジによって可能になっているのです。

具体的な内容を説明しましょう。

FXの場合はまず最初に証拠金を預けます。
これを担保にすることによって、実際に自分が持っている資金、
つまり証拠金の何倍ものお金を利用して取引を行えるのです。
これによって少ない資金しか持っていなかったとしても
大きな利益を上げることができるようになるのです。
まさにてこの原理というわけです。

あなたが10万円を持っていたとします。
そして、それを証拠金としてFXの取引会社に預けたとしましょう。
もしもその時のレバレッジが10倍であったならば、
あなたは100万円の為替取引をすることができるようになるのです。
これによって、簡単に大きな利益を上げることができるようになります。

FXが投資方法として人気のある理由の1つにレバレッジを効かせることができるということがあります。
ただし、レバレッジによって利益が大きく上がる可能性があるということは
裏を返せば大きな損失を被ってしまう可能性もあるということは覚えておきましょう。
レバレッジによって、メリットもあればデメリットもあるのです。

しかし、このことをしっかりと覚えておけば、レバレッジを有効に活用することは
FXで大金を儲けたいと考えている方にとってはかなり大切なことになります。

Copyright(c) 2013 少ない資金で大きな利益 All Rights Reserved.