基礎力で差

株式投資と何が違う?

投資をするための方法は色々とあります。
その中でも多くの人がまず思い浮かべるのは株式投資でしょう。
株式の歴史は古くて、多くの人に馴染みのあるものとなっています。
実際に株式を所有している方は多いでしょうし、
投資を積極的に行なっている方は現在でもたくさんいます。

株式投資以外にも最近人気が出てきた投資方法として有名なものにFXがあります。
FXがどうして近年ここまで注目を受けるようになったかといえば、
インターネットの技術が発達したおかげで、
リアルタイムで為替の売買をすることができるようになったからです。

このおかげで為替投資に対する敷居が低くなり、
普通のサラリーマンの方でも気軽にFXをすることができるようになりました。

さてFXの取引、つまり為替取引と株式投資というのは
具体的にどういった部分で違いがあるのでしょうか。
ここではその違いを簡単に説明しましょう。

まず、取引の対象となっている商品が異なっています。
株式の場合は投資の対象になっているのは主に会社の株式です。
一方でFXの場合は為替を扱います。
つまり通貨です。

株式に比べると為替のほうが値の動きがゆるやかなので、
よりローリスクローリターンな投資方法であると言えます。

取引を行える時間に関しては、FXは24時間取引を行うことができます。
株式の場合は市場が開いている時間が限られています。
この点によって、FXのほうがより身近な存在となりました。

株式の場合はその会社が倒産をしてしまうと、
その株式に全く価値がなくなってしまうという危険性があります。
一方で、為替取引の場合はその国の通貨が無くなるということは
よほどのことが起こらない限り生じないことなので安心できます。

他にも、この2つの投資方法には違いがたくさんあるのですが、
それらの違いをよく理解しておくということは、
たとえどちらかの投資方法しか選択肢ないのであっても、重要なことです。
FXと株式投資の違いを自分で色々と調べてみましょう。

Copyright(c) 2013 少ない資金で大きな利益 All Rights Reserved.